職員研修会を開催しました。

8月3日(土)、本福寺こども園・第二本福寺こども園合同で職員研修会を実施しました。この研修は年度に2回外部のご講師を招いて行っています。

ご講師は、これまでも幾度かお招きしている大阪総合保育大学の学長、大方美香先生。

今回は「『認定こども園教育・保育要領』をもとに 今、必要なこと」と題して、小学校教育への連続性やその後の成長も見越した幼児保育・教育の大切さを具体的に説いてくださいました。

特に、こども達の日常の何気ない遊びの中に、後の学校学習の礎となる気づきがあるというお話が印象的でした。そしてそれを抽出し言語化するのがプロの保育士だと聞かされ、出席者は皆、改めて責任の大きさに身を引き締めるとともに、保育士という仕事に誇りを感じていました。

昼食を挟んで午後は綜合警備保障さんをお招きし、AEDの使い方などを実習形式でレクチャー頂きました。とても充実した一日となりました。