年少だより 2020年6月号

5月の様子

 登園自粛要請にご協力頂きありがとうございました。引き続き、手洗いとうがいを声かけ、見守りながら感染予防に努めていきたいと思います。
 登園自粛期間中は、異年齢児で過ごすこともありましたが、年少の子ども達はお兄さん、お姉さんからいろいろな刺激をもらって元気に遊んでいました!
 園庭で砂、泥遊びやお花を使った色水遊びを楽しんだり、お部屋ではおままごとやお絵描きなどを楽しんでいました♪

6月の保育目標

◎保育者や友だちに親しみ、喜んで登園する。

新入園児も在園児も、全員が揃うのは約2ヶ月ぶりですので、クラスのお友だちや担任と、たくさん笑って、たくさん遊んで、こども園って楽しいな、お友だちと遊ぶの楽しいな、と思ってもらえるように過ごしていきたいと思います。

◎簡単な身の回りの始末を自分でしようとする。

朝の持ち物の始末や、着替えなど保育者が手伝いつつも『自分で出来た』と達成感や満足感を持てるようにしていきたいと思います。

◎梅雨時期の自然に興味を持ち、雨の日を楽しく過ごす。

お友だちがつかまえて持ってきてくれたカエルに興味津々の子供たち!小雨の日や雨上がりには、園庭や農園へのあぜ道で雨の日の虫探しをしたり、傘にあたる雨の音を感じたり、水たまりにピチャピチャ入って水しぶきをあげたりと、雨の日ならではの遊びを楽しみたいと思います。
※雨の日は、傘や長ぐつで登園して頂けると助かります。よろしくお願いします!

おねがい

  • 泥あそびや雨の日の外遊びのとき、汚れたら着替えられるようにハンドタオルと着替え一式(半袖ポロシャツ・肌着・パンツ)をビニール袋に入れて、遊び着袋の中に入れておいて下さい。
  • 全ての持ち物(ビニール袋にも)に名前のご記入をお願いいたします。
  • 6月より、食後の歯磨きをはじめたいと思います。歯ブラシをコップの袋の中に入れて持ってきて下さい。歯ブラシの柄の部分が太いと殺菌庫に入りませんので、細いものをお持ち下さい。

こんなこと楽しんでます!

 おままごとコーナーには着せ替えができるお人形があります。ボタンをつける洋服や、袖を通して着せる洋服、伸ばして被せる帽子、などがあり「できない」「手伝って」「できた!」とそれぞれに頑張って着せ替えしたり、お世話を焼いてあげたりしています。遊びの中で自然と手先指先が使えるといいなと思っています。裁縫が得意な保育者が洋服を追加で作りました。カワイイお洋服に夢中の子ども達です!


 カプラ遊びも大好きです♪はじめは年長児や年中児の真似っこから始まったタワーづくりも、自分たちだけでずいぶん高く積み上げられるようになってきました!自分だけでしたい子ども、お友だちの手伝いがしたい子ども、いろいろな思いがあり、お互いの思いがぶつかるときもあります。そんな時は、保育者がお互いの思いをしっかりと聞いて「『いれて』って言ってみたかな?」「『あとで一緒にしよう』って言ってみようか?」など、その場に応じて必要な言葉を保育者と一緒に伝える中で、自分たちで話しができるようになっていけたらいいなと思っています。