年長だより 2020年6月号

〈5月の様子〉

新型コロナウイルスの影響による家庭保育のご協力ありがとうございます。感染症に対して子どもたちも意識していて、戸外あそびから戻ると積極的に手洗い・うがいをしてくれています。感染拡大防止に引き続き配慮していきたいと思います。

食育の一環として、夏野菜(トマト・きゅうり・なすび・ピーマン)の苗を植えました。毎日子どもたちが交代で水やりをしてくれています。夏野菜を植えたプランターは、たいよう組・だいち組の部屋から見えるところに置いているので、子どもたちは毎日野菜を見ては、「大きくなってきた‼︎」「早くできないかな〜」と夏野菜の成長を楽しみにしています。夏野菜を収穫したあとは、クッキングを予定しています。日々の水やり、収穫までを子どもたちに実践してもらうことで、食や食材に関する興味関心を持ち、食べる意欲に繋げていきたいと思います。

天気の良い日には、色水あそびをしています。お花や葉っぱをすり鉢やすりこぎを使ってすり潰し、色を出して遊んでいます。「なんでお花と一緒の色がでないの?」「お花の匂いがする」などさまざまな気づきを子どもたちで共有する姿も見られます。

〈保育目標〉

新しい環境に慣れ、約束を守って生活しようとする。

久しぶりに登園してくれる子どもたちもいるので、もう一度子どもたちと生活の流れを一緒に確認していきたいと思います。

グループの友だち、クラスのみんなで行う活動を楽しむ。

6月には年中組との縦割り保育を行っていきます。グループごとに園周辺を散策したり、色水をジュースに見立てて、ジュース屋さんごっこをしたりなどさまざまな活動を行い、友だちと一緒に遊ぶ楽しさや異年齢で関わる機会をつくり、思いやりや協調性を育んでいきたいと思います。

梅雨期ならではの自然あそび、季節の行事に興味をもつ。

梅雨期では、雨上がりに周辺を散策して生き物を探したり、園庭にできた水たまりで泥遊びを楽しんだり、七夕に向けて製作にも取り組んでいきたいと思います。七夕とはどんな行事なのか絵本などを通して知って興味を持ってほしいと思います。

〈年長で流行っていること〉

ドッチボールをたいよう組・だいち組で行っています。ドッチボールのルールを先生と一緒に確認しながら楽しんでいる子どもたちです♪誰が何を担当するのか各チームで話あう姿も見られます。秋頃には、ドッチボール大会も行う予定です。みんなでドッチボールが出来るのを楽しみにしています。

〈お知らせ・お願い〉

  • 暑い日が続いてきましたので水遊びを行いたいと思います。水遊び用の着替え(濡れても良いTシャツ、半ズボン、着替え用パンツ、タオル、ビニール袋)をプールバックに入れて6月10日(水)までに持ってきて下さい。
  • 毎日の着替え【汗拭きタオル(ハンドタオル)、肌着、白ポロシャツ】をビニール袋に入れ、遊び着袋の中に入れてください。
  • 持ち物全てに名前を記入して下さい。